Entries

9月から…

9月から、当研究所は、診療の新体制がスタートします!

アフターケアの補完施術やアドバイスなど、充実させていくなど、これまで以上に患者さまに寄り添いながら頑張っていきますので、どうぞこれからもよろしくお願いします!

さて、その新体制の目玉の一つとして、

『スタッフによる3回無料キャンペーン』

と題しまして、施術を3回まで無料のキャンペーンを行います!

新患さん、常連さん、問わず皆さま3回はスタッフが無料で施術させていただきます。

これまでの感謝の意味と、期間限定で各症状のお勉強をさせていただきたく、企画いたしましたので、ドシドシご予約くださいませ〜。

詳しくは、ホームページをご覧ください!
もしくは来院時にチラシをお配りしていますのでご覧くださいませ!

白井

食物アレルギー

<伊藤です>

このところ、食物アレルギーのお子さんの治療をさせてもらうことが増えています。


遅延型のお子さんは、
肌荒れになったり、疲れやすかったり、集中力が続かなかったりと、様々の症状と向き合っておられます。アレルギーは、まだまだ認識してもらえない事も多く、この点でも、苦労されておられます。


即時型のお子さんは、
アナフィラキシーショックという何か食べたら咳が出たり蕁麻疹が出たりする症状の方もおられ、入院してお医者さんの管理のもと、食べてみるお子さんもいます。
夏休みは、絶好の負荷試験期間。


先日のお子さんも、入院しながら、ERT治療も数回させてもらいました。


一度でも、ショックを目の当たりにすると、親は怖くなります。
でも、親の過度な不安による極端な除去は良くない。
そう、私自身の事。


次女は、卵を除去しています。
確かに、初めは、強く咳がでたり、免疫が下がるらしくひどい風邪をひいたりと、症状がありました。
でも、
今はどうなのか、確かな「だめライン」がわからない。
この数年は、荒れ狂うアトピーで、卵にチャレンジする意欲さえなくなっていましたが、
この夏は、我が家も負荷試験。


結果は、まずまず良し。
本人が、少しずつ「だめライン」を自覚しつつあるのが、次女の好転している最大の理由。
卵だけでなく、乳製品などなど、食べたら体調が落ちる時があるのを実感し、
反対に、不必要な除去に対して、「これは食べたい!食べられる!!」と強硬突破してきました。


残すは、スイーツ。
ケーキやらクッキーやらスイートポテトやらなんやらかんやら。
スイーツは、卵なくしては、成り立たないほどほぼ入っている。
和菓子でさえ、卵含有率は高い。


食べたいらしい。
甘いものが苦手な私には、全く理解できず、「美味しくないよ、食べなくてもいいんじゃいの~?」と言う私の意見は、いくらなんでも限界。
「どんな味か知りたい!」
そうだよな・・・
ゴメン。


アレルギーは、人により様々ですが、
親の支配力が強いほど、笑顔という「万能薬」の出番が少ないと反省するこの夏休みでした。




献立

<伊藤です>

院長に週1回のペースで遠隔治療をお願いしている父と母。
今週は、5人の孫たちがそろって帰省し、だいぶ疲れたようです。
「楽しかったね~」と言ってくれながらも、
父は、「俺、喉が痛い・・・」って言いだし、
母は、「しばらく、ボサ~ってしようっと!」って疲れ顔。


今週の治療は、二人とも、
「疲労回復と緊張状態の緩和になるように、
カルシウムとビタミンBの取り込みを良くすること」だったと聞きました。


母は、とっても頭がよく、しかも、努力家。
70歳を超えた今も、分からないことは、パソコンを使いこなし、サクサクとネットで検索をしたり、誰かに聞いたりと、私なんかよりも知恵も知識も豊富です。
そんな母でも、
伊藤「疲労回復にもなるし、カルシウムとビタミンBを、沢山とってね。
   カルシウムって、何に含まれてるか知ってる?」
母「乳製品とか小魚とか?」
伊藤「そう! じゃ、ビタミンBは?」
母「毎日、野菜を沢山食べとるし、オロナミンCとか飲むか!」


なんでも、美味しく食べてる母の食生活には、ほぼ間違いがない。
でも、
ERT治療の効果を上げるためにも、
「治療後、集中的に特定の食品を取って欲しい時があってね、
それが、今は、カルシウムとビタミンBなんだよ~」って説明したら、
「何に入ってるの?」って、
素直に聞いてくれる母と献立相談。



カルシウムは、「アジの南蛮漬け」にしました。
これなら、アジを丸ごと揚げて、頭から骨まで食べられ、
ちょっと多めに作って、2~3日間食べられる。



ビタミンBは、
野菜よりも、豚肉やカツオやマグロなどの魚介類、胚芽の残った穀物に多いよって、
「豚肉の冷しゃぶサラダ」にしました。
そして、
短期間に効果的に取り込みたいので、ドリンク剤を3本置いてきました。
それは、オロナミンCではなく、ビタミンBが多めのモノ。
薬局でもコンビニにも手軽にあります。
(ちなみに、オロナミンCは、ビタミンCが多いって名前から想像つくね~って、笑ってました。)



しっかり甘えさせてもらって、
元気モリモリの私たちです。
じいちゃん&ばあちゃん、いつもホントにありがとう。

新体制のお知らせ

<伊藤です>
ERTでは、人間脳は、24個ほどあり、その中で使っている部分は、限られているらしい。
私ったら、たった9個。
挑戦脳:私は、新しい事や苦手な事にも、意欲的に取り組んでると思っていたら、全くもってだめ。失敗しない安全パイの中でしか、やってない。恐怖心などにより、全く「挑戦」する発想さえないらしい。
これらを活性化させたり、ご本人に気づいてもらったりって、おお~なるほどの感動。


頑固なので、しっかり心まで落とさないとできない!と思っている私ですが、
昨日の院長のブログにもあった、「遊びごごろ」まではいかなくても、もう少し、女性らしい柔らかさが必要なようです。


9月からの新体制でも、
しっかりと自分の役割を果たして、さらに、成長していきたいと思っています。


私の診療時間は、朝の9時半スタートです。
スタッフの中では私だけですので、早い時間をご希望の方は、ご利用ください。
また、週に2回ほどになりますが、夜も8時まで、来院も遠隔も、私も治療させて頂きます。
そして、緊急電話対応も始まります。
これは、白井先生・有田先生と交代で、日・水・金の夜9時~10時まで対応しますので、
急な体調変化や帰宅が遅くなった時など、是非、ご利用ください。


予約時間ともに、少し変化がありますが、
それ以上に、アフターケアも、すごく充実していきますので、
今よりずっと、研究所を利用して頂きやすくなるかと思っています。

待合に新しい冊子を置きました。


ゆうです。

数週間前に新しい冊子を作りました。
待合に2冊おいてあるので是非お読み下さい!


内容はタイトルの通り様々な利用方法が
かかれてあるのですが、


専門的な小難しい感じではなく
できるだけ読みやすく簡潔に作ったつもりなので
待ち時間にオススメです!

表紙は↓こんな感じになっています!


ゆう

2017y08m04d_162225406.jpg

伝える事の難しさ

<伊藤です>
第4回育成コースが、昨日、終了しました。
水曜バージョン、日曜バージョンともに、終了時間が16時半を超え、ご負担をかけましたことを、まず、お詫び申し上げます。


どうしても暗く闇のイメージのある「虚」の治療でも、あえて「光」にスポットを当てています。
 
血に乗って伝わる遺伝情報や、家族間の色々な思い、なんとなく波動が合わない人など、人間ゆえに複雑化しがちな関係ですが「明るく」バランスが取れるようにしています。

「実」の治療では、「ストレッチ?」と思いたくなるような内容ですが、実は、しっかりとした理論になっており、

「なるほど、面白いな~」と思って頂けようにと、スタッフ一同精一杯頑張りました。

結果は・・・
「伝える」ことの難しさを痛感するばかりです。


「100回は、最低限練習しましょう!」
ERTの鉄則の一つです。
しっかりとフォローさせて頂きますので、ご不明な点などありましたら、遠慮なくお問い合わせください。
本日、第4回分のDVDの編集が完了しました。
明日には、発送致しますので、ご希望な方は、遠慮なく連絡ください。
お疲れ様でした。
伊藤