終わって1週間
〈有田です。〉

育成コースが修了して、もうすぐ1週間が経とうとしています。
卒業された先生方は、最終日に感じられた透明感のあるエネルギーをまだまだ心に持っておられることと思います。

しかし、この心持ちを如何にして保ち、一年間続けてこられたERTを活用していけるか。
何かしら楽しいと感じて使っていかないと、きっと萎えてしまいます。
まさしく僕がそのタイプ…

「熱しやすくて冷めやすい日本人」
に、ならないよう
院長の『蛍の光』の美声に乗って先生方の心に滲み入ったメッセージエネルギーを思い出して、今後とも一緒に歩んでいきましょう。

3か月後の勉強会で、輝いた目をした先生方にお会いできる日を楽しみにしています。

〈有田でした。〉

有田 | 19:10:00 | コメント(0)
わが家の対処法
〈有田です〉

わが子、特に4歳の長男は時々こんなことを言ってきます。
「しんどいから治療して…」

ほんまかいな、と思いながらも一応チェック。
チェック方法は、
エネルギーチェックにプラスして笑い度チェックも行います。

本職のエネルギー検査で状態を把握しながら、持ち上げたり突つついたりして反応を見ます。
普段なら、大人とは違い、子供は簡単に笑ってくれます。
さらに、「お尻ブリブリ~」の一撃で大爆笑!
遊びたいエネルギー満載になります。

そんな時は、エネルギーで「風邪をひいてるな」と分かっても、よっぽどグッタリしてたり、強い感染症ではない限り、思いっきり遊ぶようにしています。

家の中を走り回ったり、肩車して振り回したり、好きなオモチャの話題をガンガン投げ掛けたり、絵本を持ってきて読ませたり…

一緒にゲラゲラ笑って、楽しい事に意識を向かせていると、目はランランと輝き始め、エネルギーがイキイキしてきます。
そうなればひと先ずオッケー。

その後ちょっとクールダウンして、落ち着いてからERT治療に入るのですが、朝にはけろっとしている事が多いので、この荒?治療、長男には合っているようです。

今日は何をして興味をひかせようか、今日はどうやって笑かしたろか、子供の前ではそんな事ばっかり考えています。
ただ、実践するには、私自身に冗談が言える心の余裕と、走り回れる体力が必要となります。

日々衰える体力を感じながらも、子供とともに楽しみながら、私も磨かせてもらってます。

笑いは万国共通!
小さいお子さまがいる方は、ぜひ試してみて下さい。

〈有田でした。〉




有田 | 18:12:00 | コメント(0)
風邪の季節
1月ももう終わろうかとしている中、研究所には毎日のように風邪をひかれた方からの施術依頼が入ってきております。

メディアをみていても「過去最悪クラスの患者数」と書かれていたりしています。
ただ毎年のようにこの文字を見ている気がしますが…

そして、その流れはとうとう我が家にも押し寄せて来てしまいました。

先ず最初は長男からでした。
38度を超える高熱が二日ほど続き、
元気になってきた頃に次は長女がグッタリ。
39度を超え出してきた辺りから、
今度は不覚にも私がダウンしてしまいました。
夜中から朝にかけて私も39度オーバーに。

幸いにも翌日はお休みを頂いていましたので、家族五人全員を引き連れて車で病院へ。

結果は、予想通り二人ともインフルエンザ。
ただ、発症してからの回復が早くて済みました。

ERTプラス薬の助けを借りた結果、
娘は2日元気がないだけで、その後はマシンガントーク、
私は、1日寝込みましたが、翌日の夜にはかなり動けるレベルまで戻りました。

ERTでケアをしていても、かかる時はかかります。
ただ、如何にキレ良くリカバリー出来るか、身をもって実践してみると、しんどい時間が短くて済みますから、やはり楽です。

薬が使用できる方は、必要な場合は使って頂き、その後にでも我々がお力添えできれば、お体の負担を少なく出来るのではと思っています。

その時は、ぜひ頼って下さい。ご協力させて頂きます。


ブログも新しくなり、心機一転、今年も宜しくお願い致します。

〈有田でした。〉

有田 | 20:51:00 | コメント(0)

FC2Ad