頼もしい院長

<伊藤です>
明後日の水曜日は、プロコース。


プラスもマイナスも感情が、毎日できて当たり前であり、
どの感情も、必要なものとしてERTは考えいます。
例え、「怒り」だとしても、
それを抑え、パワーに変えれば、大きな力になる。


ただ、どの感情も、数日の間に、
浄化したり抜けて行けば、問題ない。


でも、そんなに簡単には納得できず、
身体の中に残ってしまう事もあります。


そんな間に、常在菌とも絡み、
たかが感情とは言えなくなるほど厄介なものへと変化する。


「そしたら、どうするか?」


今回のスクール内容は、ここがメインです。
とても大事にな所。


先週から院長に、相談させてもらい、
内容の見直しをしてくれるとのこと。
今のERTに沿って、
しかも、理解しやすいようにと、
ここ数日、寝る間も惜しんで練ってくれている。


先月の「霊障」も、
大筋は変更なくとも、
少し変更があり、
術者が使用するアイテムが、格段に良いものを作ってくれ、
毎月、感謝しています。


現在2時。
なんとなく先に寝るのが申し訳ない。
自分なりには、かなり復習したし、
明日に備えようと思うけど、眠れない。


こんな時は、
ストレス解消の「料理」をすることにした。
今日は、「小鯵のマリネ」
停滞感情って… 念って… 魔物って… 
スクール内容をグルグル考えながら、
鯵を揚げていたら、あちっこち火傷だらけだ。


次女に味見をしてもらったけど、
「酸っぱい~」と言われてしまった。


早退してきた次女の熱と咳の治療して、
寝る事にします。
すみません。


院長、いつもありがとうございます。

ERTスクール

<伊藤です>
この数週間、
ERTスクール「ベーシックコース」
を新しく受講される方が増えています。


ベーシックコースは、
自分はもちろん身近な人にも治療できるコースとなっており、
そのため解剖学も少しお伝えし、
覚えてもらう事、実習内容ともに、かなり多くなっています。


ですが、スタッフ一押しです。


10年前始まったERTスクール。
内容は、ほぼ変わりなく、色々と変化も進歩もするERTですが、
ここは「鉄板」のようです。


私の講師デビューも、このコース。


人前で話す事は、今も相変わらず緊張し、
今でも、スクール前は、資料を読み返し、シュミレーションします。


我が家の近くには、
「鶴見緑地」と言う大きな公園があるのですが、
次女相手に、
「チャクラ」の講義を何度も練習したのを覚えています。
とにかく、大きな声ではっきり話すなんて事が、
今までの人生の中でなかったので、
「第1チャクラとは・・・」と説明練習しました。
小学生だった次女は、私のカンペは、丸暗記していて、
「ちゃうやん」って指摘もしてくれました。


また、
よく付き合ってくれたと今でも感謝しているのですが、
院長相手に「エネルギー操作」の練習をしたこともあり。


「エネルギーボールを作って、動かしてみましょう」
「上下の流れは感じますか?」
「表情筋の変化は、わかりますか?」
って、電話でしたが、生徒さん役をしてくれ、
「その説明では、わからんよ」
などエネルギーボールを一緒に作りながら、
アドバイスくれました。


今も、あの頃も、
人前で話す事は、苦手です。
それでも、「楽しもう!」と決めているので、
私なりに楽しい時間を、
生徒さんと作れるようにもなってきました。


ご受講される方、
どうぞ、
「エネルギーの世界を、感じて、楽しもう」とリラックスして、
受講してください。


白井先生も、有田先生も、
担当講師は、みんな温かい人ばかりですので。
気楽に、楽しい時間を。
そこから見えるERTの世界観は、
とても「優しい愛」に溢れています。

ヒロちゃんのアトピー奮闘記②

<伊藤です>
1週間、ブログをお休みしたら、
「どうしたの?調子悪いの?」とご心配の言葉を頂きました。
ありがとうございます。


何の事はないです。
次女のウオーキングやら、
受験勉強の計画やら、
塾の先生との懇談やら、
次女ウイークになっていました。


高校見学にも一緒に行き、
「お母さん、次女の和太鼓叩く姿見たいわ~」って心の声が出たら、
「私に、夢を託さんといて!」とあっさり言われました。


受験までの残りの半年は、
思う増分、過保護をするつもりですが、
同時に子離れも出来るようにと思っています。


いつもお世話になっている皮膚科の先生にも、
「そろそろクリームも、自分で塗りなさい」と次女は言われ、
一生懸命、内容と塗り方を聞いていました。



一概には言えませんが、
多少、親子関係が、アトピーにもかかわっているようにも感じる今日この頃。



今日は、2週間で生理が来てしまったとのこと。
卵が苦手な次女にとって、
体の中で、卵を作る事はとても大変そうで、
アトピーもぐっと低下し、
生理も来てしまった。


そろそろ、完全除去をしている「卵」を食品として、
取り入れる時期なのかも・・・



奮闘記は、まだまだ続き
そう。

ヒロちゃんのアトピー奮闘記①

<伊藤です>
夏休み以降、次女のアトピーは悪化し、
先週などは、ほぼ学校にも行けなかった。


湿疹や痒みなど当然だ。
体が粉ふくように、皮膚はポロポロと落ちて、
それが、また乾燥して、ひび割れ、痛みとなる。
「痛い、怖い」と泣く次女。


私は、賛否両論あるけれど、
ステロイドも使用する。
でも、このころは、全く効果が出なくなっていた。


5年前に、同様に悪化させて以降、
完全にツルツル肌にはなっていないけれど、
それなりに、保っていた。


かなりハードなソフト部もこなせたのだから、
相当な進歩だと思っていた。


夏休みに入った途端、
部活で燃焼していた「エネルギー」は余り、
受験勉強のストレス、
夏休みに、特にやることもなく、
ただ留守番する寂しさなど、
どの子も同じようなもんだけど、
次女の場合は、
アトピーの吹き出しとなってしまった。


「またか・・・ なぜ?」
次女は、
朝が来るのが嫌だったと言います。
今日も、乾燥と痛みで苦しむのが辛いから。


さすがに、一緒に泣いてしまった。
でも、
私には、応援する知恵と体力、
なにより強い武器と味方がいる。


そんな時に教えてもらったテクニック。
院長にも全面サポートしてもらい、
3週間。


やっと、笑っている。


「ねえねえ、起きて。
今朝も、ウオーキング行こう!」と起こしてくれる。


悪化以降、
朝晩、1時間程、二人でウオーキングしている。
運動音痴なので、
たかが、ウオーキングなのだが、
私にはかなり負担。


でも、良かった。
そして、
ここからだと思っています。


我が家のアトピー奮闘記、
時々、書かせてください。
何かの参考になれば幸いです。

手書きのメモ

<伊藤です>
手書きの手紙が2枚。


1枚は、受付スタッフが、重村さんに宛てたメモ。


重村さんは、木曜日の夜間の受付。
ゆえに、週末の午前中に入る事は、まずない。


どこの会社も同じだとは思いますが、
担当する時間や曜日によって、
仕事内容が多少変わったり、増えたりします。


明日土曜日の午前中の受付は重村さん、
慣れない彼女に宛てたメモは、
びっしり細かな事まで書かれていて、
ベロ~んと机の端から出そうな長さでした。
他の女性スタッフが、
何日にも渡って、
彼女が困らないように、
書き足したり、減らしたりしていた。


「愛」が溢れたメモでした。


2つ目は、白井先生が私に宛てたメモ。


内容は、本日お休みの白井先生に代わって、
私が診させて頂く患者さんについて、
細かく書いてくれていた。


的確に今の状態と指示が書いてあり、
そのメモだけで勉強になった。


手書きの「手紙」正確には「メモ」だけど、
ちょっと嬉しかった。


「パソコン苦手だからやろ?」
そうかもしれませんが、
手書きのお手紙って最近書いてないし、
もらってないのは、
私だけでしょうか?


明日は、午後出勤、
ゴメンね、重村さん。
なるべく早く行くからね。
プロフィール

nakaiert

Author:nakaiert
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR